WordPress アンテナサイトの作り方

当サイトの作り方についてご説明します。

これを読めば、Wordpressで簡単にアンテナサイトが作成できます。

※Wordpressが使えることが前提です。

FeedWordpressを使う

  • WordPressのアンテナサイトの基本プラグイン。「FeedWordpress」を使います。登録したRSSを記事化してくれます。

Pz-LinkCardを使う

  • FeedWordpressで記事化して、「リンク元URL」の見栄えをよくするときに使います。

PHPのカスタマイズ

  • 「FeedWordpress」で記事化しましたが、アンテナサイトがメインなので登録サイトの記事を全部載せるわけにはいきません。記事部分を削除します。
  • 「続きをよむ」リンクを作ります。掲載元(連携サイト)のリンクを張り付けるように改良します。
  • さらに、「続きを読む」リンクがあまりクリック率が低いと感じたら、Pz-LinkCardのショートコードをphpに書き足します。

【続きを読む】リンクをつける方法

FeedWordPressでは、掲載元リンクをつけたい場合があります。当サイトでは、続きを読むというリンクを利用しています。これは、PHPに追加でコードを記入することで可能になります。

  • 【syndication_permalink】が、FeedWordPressの掲載元URLになります。
  • 【do_shortcode】は、通常、投稿や固定ページなどで使用するプラグインのショートコードをPHPに書くためのものです。

詳しいプログラムは、後程書きますが、phpにべた書きなので、あまり美しくありません。ファイル分けをして、変数で呼び出すようにした方が美しいです。

 

RSSから先頭画像を取得、表示させる方法

FeedWordPressでは、RSS内に埋め込まれている記事を丸ごと表示させるようになっています。表示される中に画像があれば、その画像も選択可能です。

今回は、記事を表示させずに画像1枚を表示させる方法です。

  • FeedWordPressは実装済み
  • RSSに画像情報がある

function.phpに記述。投稿記事内から、画像を取得する。

表示させたい部分に記述。取得した画像URLを代入する。

参考サイト:WordPressの投稿記事内の画像の最初の1枚をサムネイルとして表示する方法

SNSの活用

Twitterを使用する

twittbotを使用することで、簡単にRSSから更新記事をツイートすることができます。ツイート間隔を変更できる点も高評価。

短時間に大量にツイートするとアカウントが凍結されてしまいます。間隔は、広めにとりましょう。

 

Facebookを使用する

Facebookは、スパム対策に力を入れていると聞いているので、botは使用しない方がいいかもしれません。

Twitterに比べて、アカウントを作るのが面倒なので、下手にbotを使用してバンされてしまうと、新たにアカウントを作る手間が増えてしまいます。

Facebookに手動投稿する。Facebookページに手動投稿する。Facebookグループに手動投稿する。

 

画像を表示させてクリック率を上げる

画像なしのクリック率

  • 25%

画像ありのクリック率

  • 35%

現状で、当サイトは登録サイト様のコンテンツをほとんど表示しないようにしています。クリック率の向上のため、登録サイトのトップ画像を表示するように変更しています。その結果、クリック率を10%ほど向上することができました。